多面的機能支払交付金制度

1. 概 要

多面的機能支払交付金は、地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進することにより、農業・農村の有する多面的機能が今後とも適切に維持・発揮されるようにするものです。

多面的機能支払交付金には、
@地域共同による農用地、水路、農道等の地域資源の基礎的な保全管理活動及び地域資源の適切な保全管理のための推進活動に取り組む活動組織に対して交付する「農地維持 支払交付金」と A地域共同による施設の軽微な補修及び農村環境の保全のための活動等の地域資源の質的向上を図る共同活動並びに老朽化が進む農業用用排水路等の長寿命化のための補修・ 更新等を行う組織に対して、交付する「資源向上支払交付金」があります。

2. 多面的機能支払交付金の構成

3. 多面的機能支払交付金の活動の例

農地維持支払交付金の活動例

資源向上支払交付金の活動例

4. 農地維持支払交付金の対象活動と支援単価

「地域資源の基礎的保全活動」と「地域資源の適切な保全管理のための推進活動」に対し、対象となる農地面積に応じて支援します。

対象活動 基礎的活動

協定に位置づけた農用地、水路、農道等の資源を対象とする基礎的な保全管理活動と、構造変化に対応した体制の拡充・強化、保全管理構想の作成に向けた活動が対象です。
「点検・計画策定」、「研修」、「実践活動」から構成されます。



対象活動 基礎的活動

表は国と地方公共団体の合計額。
交付額は、表の単価に交付対象農用地面積を乗じて算出。

  支援単価
3,000円/10a
2,000円/10a
草地 250円/10a

5.資源向上支払交付金の対象活動と支援単価

「地域資源の質的向上を図る共同活動」と「施設の長寿命化のための活動」に対し、対象となる農用地面積に応じて支援します。

(1) 地域資源の質的向上を図る共同活動

支援単価

地域住民を含む組織が取り組む、水路、農道等の軽微な補修や植栽による景観形成等の農村環境の良好な保全といった地域資源の質的向上を図る共同活動が対象です。
「機能診断・計画策定」、「研修」、「実践活動」から構成されます。


支援単価

表は、国と地方公共団体の合計額。
交付額は表の単価に交付対象農用地面積を乗じて算出。
継続地区は、5年以上継続地区又は、資源向上支払交付金の「施設の長寿命化のための活動」に取り組む地区。

  支援単価
2,400円/10a
1,440円/10a
草地 240円/10a

(2)施設の長寿命化のための活動

対象活動

老朽化が進む農地周りの農業用用排水路、農道などの施設の長寿命化のための補修・更新等の活動が対象です。

支援単価

表は、国と地方公共団体の合計額
交付額は、表の単価に交付対象農用地面積を乗じて算出

  支援単価
4,400円/10a
2,000円/10a
草地 400円/10a