平成28年度 優良事例地区

知事賞 能座地区地域資源保全隊(養父市)

人里の景観は守ろう、基盤整備した農地は守ろうと、地域で力を出し合い守ってきました。その努力の結果、養父市の国家戦略特区の取組が功を奏し、能座区の全休耕田を活用し、酒米作りを行おうという特区事業者の受入となりました。

図1
(写真)法面作業道づくり

知事賞 能座地区地域資源保全隊(養父市)
委員長賞(豊かな農村環境づくり部門)高畑地域づくり協議会(加古川市)
委員長賞(【中山間】地域づくり部門)山田区環境保全推進協議会(神河町)
委員長賞(環境創造型農業部門)坂本の自然を守る会(多可町)
委員長賞(地域農業活性化部門)尾崎東地区協議会(淡路市)

 

 

平成27年度 優良事例地区

知事賞 浅野美しい村づくり活動組織(市川町)

耕作面積14haのすべてをため池で賄っており、祖先からの貴重な財産として守っています。将来を見据え、次世代の女性・子どもを対象に豊かな自然とその恵みをため池で感じてもらうイベントも開催しています。

農村環境保全活動1
(写真)ため池池干し

知事賞 浅野美しい村づくり活動組織(市川町)
委員長賞(保全管理部門)休治みどりの会(上郡町)
委員長賞(豊かな農村環境づくり部門)十倉地区資源保全隊(三田市)
委員長賞(地域づくり部門)国岡協議会(稲美町)
委員長賞(環境創造型農業部門)多田農地協議会(多可町)

 

平成26年度 優良事例地区

知事賞 網引町資源保全会(加西市)

平成24年に営農組合を農業法人化し、『人・農地プラン』に取り組みました。農業の六次産業化、より健康になる作物の収穫、それらを地域の皆と一緒になって考え、10年後、20年後も安心して元気に暮らせるよう網引町を守っていきたいと考えています。

農村環境保全活動1
(写真)南網引湿原現地視察会

知事賞 網引町資源保全会(加西市)
委員長賞(保全管理部門)宮前ため池協議会(加古川市)
委員長賞(豊かな農村環境づくり部門)新ちゃん活動(南あわじ市)
委員長賞(地域づくり部門)真南条上環境保全向上活動委員会(篠山市)
委員長賞(環境創造型農業部門)ひぼこの大地を守る会(豊岡市)

 

 

平成25年度 優良事例地区

知事賞 久田和環境保全会(朝来市)

平成24年度に集落営農組織を農事組合法人へ移行するとともに、水田での野菜生産の拡大(田畑輪換)が可能な地下かんがいシステムを整備し、岩津ネギの増収・高品質化をめざしています。

25-01
(写真)コウノトリ育む農法に取り組むほ場

知事賞 久田和環境保全会(朝来市)(PDF:804KB)
委員長賞 (保全管理部門)河内農地水環境対策活動組織(淡路市)(PDF:882KB)
委員長賞 (豊かな農村環境づくり部門)鶉野中町環境保全隊(加西市)(PDF:882KB)
委員長賞 (地域づくり部門)安賀農地水環境保全組合(宍粟市)(PDF:882KB)
委員長賞 (環境創造型農業部門)稲畑地区農地・水・環境保全向上活動の会(丹波市)(PDF:882KB)

 

平成24年度 優良事例地区

知事賞 庄集落ダブルクリーン保全隊(福崎町)

営農組織と自治会が力を合わせ、草刈りや農道の補修などを行うほか、営農組合が大根、人参の加工、奈良漬の販売など6次産業化を進め、自治会の「コスモス祭り」で加工品を提供するなど連携が拡大しています。

24-02
(写真)営農組織と自治会による農道の補修活動

委員長賞 (保全管理部門)大木町農地水環境保全委員会(西脇市)
委員長賞 (豊かな農村環境づくり部門)下内膳農地水環境保全隊(洲本市)
委員長賞 (地域づくり部門)阿曽里づくり活動組織(太子町)
委員長賞 (環境創造型農業部門)伊佐環境保全隊(養父市)

 

平成23年度 優良事例地区

知事賞 (共同活動部門) 古川町農地水環境保全隊(小野市)

「古川町10年後を考える会」を発足させ、農地・農業用施設を含めた町一帯の管理体制が構築し、集落営農を将来ビジョンに掲げた「チャレンジ型農業」を目指して体制強化を図っています。

23-01
(写真)水路の清掃活動

知事賞 (営農活動部門) 海上地区活動組織(新温泉町)

但馬牛の堆肥散布による土づくりに取り組むほか、減農薬(50%以上削減)、有機質肥料施用による特別栽培米コシヒカリ「うみゃ~なぁ~」の生産販売に取り組んでいます。

23-02
(写真)標高400mの海上地区の棚田風景

委員長賞 (共同活動部門)切畑環境保全の会(宝塚市)
委員長賞 (共同活動部門)大杉環境保全推進協議会(養父市)
委員長賞 (営農活動部門)菅野農地水環境保全活動組織(神戸市)

 

平成22年度 優良事例地区

知事賞 (共同活動部門) 石守水土里ネット(加古川市)

遊休農地のゼロをめざして、食用・搾油用・観賞用の菜の花を栽培したり、子供会が中心となりコスモスを育て、秋には高齢者支援団体と協力してコスモス祭りを開催しています。

22_01
(写真)遊休農地を解消のための菜の花の栽培

知事賞 (営農活動部門)田中グリーンECO(朝来市)

環境創造型農業『コウノトリ育む農法』で栽培した水稲は、平成18年の1haから13haに拡大し、地域特産物の黒大豆も、75%農薬を減らした「コウノトリ育む農法の黒大豆」として出荷しています。

22_02
(写真)コウノトリ育む農法・黒大豆の中耕除草作業

委員長賞 (共同活動部門)池尻町農地・水環境保全活動会(小野市)
委員長賞 (共同活動部門)小河活動協議会(相生市)
委員長賞 (営農活動部門)高畑地域づくり協議会(加古川市)

 

平成21年度 優良事例地区

知事賞 (共同活動部門) 天満大池協議会(稲美町)

絶滅危惧種であるアサザが自生できるように育成ヤードの整備や、天満大池を貴重な財産と認識し、クリーン作戦や水質を浄化してくれるカラス貝の放流等、水辺環境の改善に取り組んでいます。

21_01
(写真)天満東小学校児童によるアサザの保全活動

知事賞 (営農活動部門) 東芦田地区農地・水・環境保全向上活動の会(丹波市)

営農組合を中心に特別栽培米(夢たんば 22.6ha)、小麦(5ha)、小豆(11ha)の生産に取り組むほか、農村ボランティア受け入れによる農業体験提供などの交流活動を通じ、情報発信しています。

21_02
(写真)都市住民による稲刈り作業

委員長賞 (共同活動部門)高岡地域活動協議会(加東市)
委員長賞 (共同活動部門)野上野地区あけぼの会(丹波市)
委員長賞 (営農活動部門)実楽地区協議会(三木市)

 

平成20年度 優良事例地区

知事賞(共同活動部門) 上久下東農地・水・環境保全向上活動の会(丹波市)

景観形成活動として企画した田んぼ絵「丹波竜」の活動は、地域の活性化につながり、世代間、組織間、農家・非農家間の強いつながりができました。

丹波竜
(写真)田んぼ絵・丹波竜

知事賞 (営農活動部門) 浅間区環境推進協議会(養父市)

浅間区では、①紙マルチ栽培(無農薬)、②コウノトリ育む農法(農薬1/4)、③つちかおり米(農薬1/2)の3種類の技術を組み合わせた環境にやさしい米作りを進めています。

紙マルチ田植えによる雑草の抑制
(写真)紙マルチ田植えによる雑草の抑制

委員長賞 (共同活動部門) 余田花の日の里(福崎町)
委員長賞 (共同活動部門) 鮎原下農地・水・環境保全隊(洲本市)
委員長賞 (営農活動部門) 真南条上環境保全向上活動委員会(篠山市)